最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

荒海ノ津 居眠り磐音(二十二)決定版 (文春文庫)

  • 32 読みたい
  • 87 現在読んでいるもの

発行元 佐伯泰英 .

    Download 荒海ノ津 居眠り磐音(二十二)決定版 (文春文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 荒海ノ津 居眠り磐音(二十二)決定版 (文春文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 荒海ノ津 居眠り磐音(二十二)決定版 (文春文庫) 無料で, 本の無料読書 荒海ノ津 居眠り磐音(二十二)決定版 (文春文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 荒海ノ津 居眠り磐音(二十二)決定版 (文春文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  佐伯泰英
    • レーベル:  文春文庫
    • シリーズ名:  居眠り磐音
    • 発売日:  2021年04月06日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000006083
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    身分違いの恋に悩むふたり……磐音、いざ助太刀!


    豊後関前藩を後に、商人箱崎屋次郎平の招きで博多を訪れた坂崎磐音とおこん。

    玄界灘に臨む荒戸の浜を見物した際、武芸者に囲まれた若侍と武家の娘を助ける。

    のっぴきならない様子のふたり。どうやら人には言えない秘密を抱えているようで……。


    一方、こちらは江戸・本所。磐音の友・品川柳次郎が悩んでいる。

    放蕩に耽る父と兄の責で、お家廃絶の危機に瀕しているのだ。

    もはやこれまでと諦めかけたそのとき、思わぬ人と再会する。

    柳次郎は、この危機を乗り越えられるのか?

あなたも好きかもしれません

荒海ノ津 居眠り磐音(二十二)決定版 (文春文庫) by 佐伯泰英 ダウンロード PDF EPUB F2