最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

偏愛文学館 (講談社文庫)

  • 56 読みたい
  • 13 現在読んでいるもの

発行元 遠藤周作 .

    Download 偏愛文学館 (講談社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 偏愛文学館 (講談社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 偏愛文学館 (講談社文庫) 無料で, 本の無料読書 偏愛文学館 (講談社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 偏愛文学館 (講談社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  倉橋由美子
    • レーベル:  講談社文庫
    • シリーズ名:  偏愛文学館
    • 発売日:  2014年07月11日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000016778
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    夏目漱石、吉田健一、宮部みゆき、ジュリアン・グラック、ラヴゼイ……。古今東西様々なジャンルの「本」39冊を独自の視点観点で紹介する。ブックガイドとしてだけでなく、『大人のための残酷童話』『パルタイ』といった名作を残した著者自身の作品世界、その背景までをも垣間見ることのできる究極の読書案内。

あなたも好きかもしれません

偏愛文学館 (講談社文庫) by 遠藤周作 ダウンロード PDF EPUB F2

倉橋さんの作風からは一見意外と思える本もあり、逆に「いかにも納得」な作品もあり、また作者ならではのピリリと辛口のスパイスも随所に効いて面白かったです。自分が既に読んでいる作品は再読したくなり、名作と言われながらもこれまで興味を引かれなかった作品や、過去に読み始めたものの途中で投げ出していた作品(『魔の山』など)も、倉橋さんの偏愛を受けていたとなると読まずにはいられません。