最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

あかんたれ土性っ骨 (文春文庫 (318‐1))

  • 27 読みたい
  • 20 現在読んでいるもの

発行元 太宰治 .

    Download あかんたれ土性っ骨 (文春文庫 (318‐1)) 本 Epub や Pdf 無料, あかんたれ土性っ骨 (文春文庫 (318‐1)), オンラインで書籍をダウンロードする あかんたれ土性っ骨 (文春文庫 (318‐1)) 無料で, 本の無料読書 あかんたれ土性っ骨 (文春文庫 (318‐1))オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 あかんたれ土性っ骨 (文春文庫 (318‐1)) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  花登 筐
    • レーベル:  文春文庫
    • 発売日:  2014年05月28日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000000735
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    明治の半ば、大阪・船場の大きな呉服問屋に二人の男の子が同時に生まれた。一人は正妻の子、もう一人はめかけの子として……。めかけの子・秀太郎は本家に丁稚奉公に上げられるが、その家には冷たい正妻と、腹違いの子どもたちがいた。丁稚・秀松となった少年はみじめな日々を送るが、次々と起こる苦難に立ち向かい、次第にその頭角を現してゆく。お母はんと一緒に住みたい、それだけを胸に秘めて……丁稚から大商人へとど根性で駆け昇った男の苦難と栄光の一代記。

あなたも好きかもしれません

あかんたれ 土性っ骨 (文春文庫) by 太宰治 ダウンロード PDF EPUB F2