最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

プラトンの呪縛 (講談社学術文庫)

  • 7 読みたい
  • 89 現在読んでいるもの

発行元 プラトン .

    Download プラトンの呪縛 (講談社学術文庫) 本 Epub や Pdf 無料, プラトンの呪縛 (講談社学術文庫), オンラインで書籍をダウンロードする プラトンの呪縛 (講談社学術文庫) 無料で, 本の無料読書 プラトンの呪縛 (講談社学術文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 プラトンの呪縛 (講談社学術文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  佐々木毅
    • レーベル:  講談社学術文庫
    • シリーズ名:  プラトンの呪縛
    • 発売日:  2015年10月23日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000025355
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    【第9回読売論壇賞・第11回和辻哲郎文化賞受賞作】 第1次世界大戦後に訪れた民主主義の危機のなかで「精神の国の王」として甦り、さらにはナチズムにも利用された西欧思想の定立者・プラトン。彼は理想国家の提唱者なのか、全体主義の擁護者なのか。プラトンをめぐる激しい論戦を通して20世紀の哲学と政治思想の潮流を検証し、現代に警鐘を鳴らす注目作。(講談社学術文庫)

あなたも好きかもしれません

プラトンの呪縛 (講談社学術文庫) by プラトン ダウンロード PDF EPUB F2

大昔、学生時代に「開かれた社会とその敵」を買って読んだ。そのはじめの方の章に、「プラトンの呪文」だか呪縛だかといったことばがあったように思う。プラトンて、西洋哲学思想の歴史において、ものすごく影響力を持った人。この佐々木毅氏の本も、大昔に多分読んでいる。可謬性と緩やかな修正による発展と民主主義を信じている私にとっては、私という人間の基盤をつくってくれた本の一つ。買ってよかった。電子書籍化感謝。やっと見つけたか、といわれそうだけど。