最後に編集されたのは 管理者
27.11.2020 | 歴史

読書脳 ぼくの深読み300冊の記録 (文春e-book)

  • 91 読みたい
  • 97 現在読んでいるもの

発行元 立花隆 .

    Download 読書脳 ぼくの深読み300冊の記録 (文春e-book) 本 Epub や Pdf 無料, 読書脳 ぼくの深読み300冊の記録 (文春e-book), オンラインで書籍をダウンロードする 読書脳 ぼくの深読み300冊の記録 (文春e-book) 無料で, 本の無料読書 読書脳 ぼくの深読み300冊の記録 (文春e-book)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 読書脳 ぼくの深読み300冊の記録 (文春e-book) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  立花 隆
    • レーベル:  文春e-book
    • 発売日:  2016年05月13日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000002981
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    人間の知の世界全体がいまほど劇的に変わりつつある時代はない。そんな時代に「知の巨人」が選んだ読むべき本とは。


    第1部 巻頭対談 石田英敬東大教授×立花隆 「読書の未来」

    ・・・単行本刊行時、東京大学附属図書館副館長を務めていた石田教授と、電子書籍と紙の本との違い、東大新図書館構想、ヴァーチャル書棚、ソーシャル・リーディングなど、本のデジタル化によって大変貌を遂げつつある「知」の最前線までを語り尽くす。


        第2部 週刊文春連載「私の読書日記」(2006.12.7号~2013.7.14号)6年分

    ・・・選ぶいちばんの基準は広義の「面白い」ということ。広い関心領域の中から読む価値のある本を紹介。

あなたも好きかもしれません

読書脳 ぼくの深読み300冊の記録 (文春e-book) by 立花隆 ダウンロード PDF EPUB F2